日本語 / English

生産体制

梅田工業では、自社製生産管理システム F.P.I.sysを利用し、業務に必要な情報を徹底的に「見える化」することで、生産管理専任を配置せず、各部課長が生産管理業務を兼任しています。
また、経営戦略会議の直下に品質管理責任者と、環境管理責任者を配置することで、役員が品質や環境の問題を即座に察知・対応できる体制をとっています。
梅田工業組織図

生産管理

受注処理

電子受注の自動取込、EXCELの一括取込を用いて、入力ミスの軽減・短時間化に努めています。
一度の注文数が数百件となった場合でも、リピート品であれば最短1~2時間で着工指示することが
可能です。
受注登録方法

資材管理

受注処理と同時に購買担当者へ材料の使用情報が展開されます。
どの材料を、いつ・いくつ使用するのか、不足日がいつなのか視覚的に分かり易い時系列で表示し、
適正量を早急に手配できるようにしています。
資材管理

製造指示

受注処理後、指示書を初回製品とリピート製品に振り分けをします。
初回製品はプログラムを作成するために設計部へ、リピート製品は直接現場に流れるようにし、
無駄な流れによるロスを排除して、受注後すぐに着工指示ができるようにしています。
指示書印刷方法

製造管理

現場には、各セクションごとにPC端末を設置し、1ヶ月間の負荷情報と直近の仕事内容が一目で
確認できるようにしています。こうした先1ヶ月の負荷情報を元に各現場長が中心となって生産
調整・人員の配置等を行います。
また、直近の仕事内容には、特急品情報、着工可能情報が表示されているため、作業者自身で次の
仕事の優先を判断できるようにしています。
製造管理

外注管理

外注管理では、システムにより協力会社の定期便に合わせて製造スケジュールが自動的に組まれます。
これにより、工場内での品物の滞留を防ぎ、効率のよい生産を行うようにしています。
また、受入時にはハンディーターミナルを利用して一括で受入情報を登録できるようにし、どの発注
分が、いつ・いくつ納入されたのか明確にしています。
外注管理

出荷管理

最終工程の出荷では、直近7日の納品すべき情報が一目で確認できるようにしています。
現在、出荷が可能な状態か、どの工程まで進んでいるのかなどの情報を表示し、納期遵守を徹底して
います。また、外注管理と同様、出荷時にもハンディーターミナルを利用して、どの受注分をいつ・
いくつ出荷したのかを明確にし、納期遅れが発生しないよう管理しています。
出荷管理

〒361-0056 埼玉県行田市持田2662番地
TEL:048-553-3191(代表) FAX:048-553-3193
ページのトップへ戻る